ワモンゴキブリ【昆虫図鑑wiki】幼虫/成虫/飼育/対策

ワモンゴキブリ 画像

ワモンゴキブリ【昆虫図鑑wiki】
幼虫/成虫/飼育/対策

【ワモンゴキブリの基本情報】

ワモンゴキブリ 成虫 画像

  • 分類:ゴキブリ目 – ゴキブリ科 – ゴキブリ属 – ワモンゴキブリ
  • 和名:ワモンゴキブリ(輪紋蜚蠊)
  • 学名:Periplaneta americana
  • 体長:30mm~45mm
  • 寿命:2年~3年

このページでは、ワモンゴキブリについて解説します。

ワモンゴキブリの生態①:成虫の生態/特徴

ワモンゴキブリ 成虫 画像

ワモンゴキブリの成虫は、30mm~45mmという比較的大きめのサイズをもち、屋内侵入性の『衛生害虫』で、雑食性のゴキブリです。亜熱帯性のゴキブリであり、日本では九州以南、大阪.名古屋.東京などの大都会に生息しています。

ワモンゴキブリ/コワモンゴキブリ/トビイロゴキブリの違い・見分け方

ワモンゴキブリ
ワモンゴキブリ 前胸背板 輪紋 模様 画像

コワモンゴキブリ
コワモンゴキブリ 前胸背板 輪紋 模様 画像

トビイロゴキブリ
トビイロゴキブリ 前無得背板 斑紋 模様 画像

ワモンゴキブリの特徴は、何と言っても前胸背板の『クリーム色の輪紋』であり、コワモンゴキブリやトビイロゴキブリのそれとは区別されます。

ワモンゴキブリの成虫画像

ワモンゴキブリ 成虫 画像02
ワモンゴキブリは、全体的に赤みを帯びている。

ワモンゴキブリ 成虫 画像03
前胸背板のワモン(輪紋)が特徴的。

ワモンゴキブリ雄雌の違い/見分け方

ワモンゴキブリ雄(オス)
ワモンゴキブリ 雄雌 見分け方 オス 画像

ワモンゴキブリ雌(メス)
ワモンゴキブリ 雄雌 見分け方 メス 画像

ワモンゴキブリの雄雌を正確に見分けるには、腹部先端の形を確認する。オスの腹部先端には尾毛があり、メスの腹部先端には突起があることから、見分けることができる。

ワモンゴキブリ成虫の特徴

ワモンゴキブリは体長30mm~45mmほどのやや大型のゴキブリで、暖房設備がととのった都市圏で分布が拡大している。屋外では越冬できないため、下水道や共同溝、1年中暖房の効いたビルやホテルの厨房などに生息している。

⇒日本に生息するゴキブリ24種類の一覧はこちら

ワモンゴキブリの赤ちゃん/幼虫画像

ワモンゴキブリ 赤ちゃん 幼虫 画像
ワモンゴキブリは初令~幼齢ではクリーム色、中令~終令では赤褐色をしている。

ワモンゴキブリ幼虫とクロゴキブリ幼虫の違い

ワモンゴキブリ終齢幼虫
ワモンゴキブリ 終齢 幼虫 画像

クロゴキブリ終齢幼虫
クロゴキブリ 幼虫 画像

ワモンゴキブリとクロゴキブリでは、どちらも中令~終齢の幼虫はほぼ同じような見た目をしており、見分けるのは難しいです。

ワモンゴキブリ幼虫の特徴

ワモンゴキブリの幼虫は全体として赤褐色をしており、卵鞘から孵化してから成虫になるまで約6か月~12か月を要する。休眠はしないが、20℃以下では活動が鈍くなる。

⇒日本に生息するゴキブリ24種類の一覧はこちら

ワモンゴキブリの卵/出産

ワモンゴキブリ 卵鞘 画像
ワモンゴキブリは卵生(らんせい)であり、ガマ財布のような形状の卵鞘(らんしょう)を産む。交尾をせず、単為生殖も可能です。

ワモンゴキブリの卵/出産

ワモンゴキブリの卵鞘は1袋あたり平均14個の卵が入っており、メスの成虫は4日~10日間隔で、合計50回以上も卵鞘を産むことができる。

⇒日本に生息するゴキブリ24種類の一覧はこちら

ワモンゴキブリの飼育/繁殖方法

ワモンゴキブリは一般的に『衛生害虫』として嫌われているムシであるが、生命力が高く、飼育/繁殖は簡単です。

【ワモンゴキブリの飼育/繁殖方法】

  • ①ケース:適切なサイズの飼育用プラケース
  • ②床材:不要
  • ③隠れ家:紙製卵トレー、樹皮、など
  • ④エサ:ラビットフード、昆虫ゼリー
  • ⑤温湿度管理:26℃~29℃

ワモンゴキブリの飼育①:飼育ケース

ワモンゴキブリの飼育ケースは一般的な昆虫用の飼育用ケースで十分です。サイズは30cm×30cmくらいのものを選びます。

ワモンゴキブリは壁をのぼりますので、クリアスライダーなどの脱出防止のフタが付いたケースを選びましょう。

ワモンゴキブリの飼育②:床材

ワモンゴキブリは屋内性のゴキブリなので、床材は不要です。

もし床材を使用するのであれば、クワガタムシ育成用の昆虫マット(朽木マット)や、ヤシガラマットを利用できます。

ワモンゴキブリの飼育③:隠れ家

ワモンゴキブリは夜行性のゴキブリであり、昼間は物陰に隠れて過ごしますので、ケース内に隠れ家(シェルター)を用意します。

①紙製卵トレー、②鉢底ネットを結束バンドで丸めたもの、③樹皮や木材、などが利用できます。

ワモンゴキブリの飼育④:餌(エサ)

ワモンゴキブリの餌(エサ)は、栄養バランスに優れたペット用フードが利用できます。

【ワモンゴキブリの餌(エサ)】

  • ラビットフード
  • ハムスターフード
  • コオロギフード
  • レオパフード
  • など

給水用として昆虫ゼリー(プロゼリー)、または給水器を設置しましょう。ワモンゴキブリは「ラビットフード+プロゼリー」のみで飼育/繁殖できます。

ワモンゴキブリの飼育⑤:温湿度管理

ワモンゴキブリは亜熱帯性のゴキブリなので、温度管理が重要になります。湿度管理は不要です。

【ワモンゴキブリの温度管理】

  • 26℃~29℃:飼育/繁殖の適温
  • 20℃以下:活動が低下する。
  • 7℃以下:ほぼ死滅する。

ワモンゴキブリのケースの加温には、パネルヒーターを使うのが一般的です。特に冬場は温度管理に気をつかいましょう。

ワモンゴキブリの退治/駆除方法

ワモンゴキブリの退治/駆除は、一般的な毒餌剤(ベイト剤)やくん煙剤/くん蒸剤による殺虫が有効です。

詳しくは、ゴキブリの退治/駆除対策方法のページをご覧ください。

ワモンゴキブリの突然変異について

ワモンゴキブリ 突然変異 ホワイトアイ 画像

ワモンゴキブリ 突然変異

ワモンゴキブリの突然変異種として、目が白い「white eye」が知られています。先天性の色素異常による「アルビノ」であると言われており、クロゴキブリやコオロギなどでも「ホワイトアイ」が現れます。

ワモンゴキブリの突然変異/アルビノ

ワモンゴキブリの突然変異として、目が白くなる「ホワイトアイ」が知られています。とくに一生を真っ暗な炭坑内などで暮らす、ワモンゴキブリには、ホワイトアイの突然変異が起きやすいようです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました