ゲジゲジとは【出る原因と駆除方法】放置/毒性/益虫/噛む/足の数

ゲジゲジ 画像

ゲジゲジとは
【出る原因と駆除方法】放置/毒性/益虫/噛む

このページでは、ゲジゲジ(蚰蜒)について、解説します。

ゲジゲジとは何か?

ゲジゲジとは何か?というと、下記のとおりです。

  • 分類:ムカデ網 – ゲジ目
  • 正式和名:ゲジ

ゲジゲジは、ムカデ網 – ゲジ目に属するムシで、見た目のきもちわるさから、不快害虫として嫌われています。

出る原因 益虫 放置 噛む/毒性 駆除 種類/特徴 ムカデ 赤ちゃん

ゲジゲジが家に出る原因

ゲジゲジ 画像02

ゲジゲジは、日が当たらない狭くて湿り気のある場所を好みます。基本的にはゲジゲジは屋外にくらしているのですが、エサを求めて家の中に迷い込むことがあります。

ゲジゲジが家の中にでる原因は、下記のとおりです。

【ゲジゲジが家に出る原因】

  • 暗くて狭く、湿り気のある場所に迷い込む。
  • エサとなる昆虫を探し求めて、家の中に入り込む。

ゲジゲジは、ゴキブリなどの昆虫を食べています。

ですから、ゲジゲジが家の中にはいりこむのは、エサとなるゴキブリなどの昆虫や、暗くて狭い場所をさがして迷い込むのが原因です。

ゲジゲジは益虫なのか?

ゲジゲジ 画像04

実は、ゲジゲジは家の中でゴキブリを捕食することから、『益虫(えきちゅう)』と呼ばれることがあります。

ゲジゲジは、性格もおとなしく、人にかみついたりすることもなく、きれい好きで無害なムシです。

とは言え、見た目がきもち悪いことから、『不快害虫』として嫌われています。

ゲジゲジは放置したほうがいい?

ゲジゲジ 画像05

ゲジゲジは、家の中でもクモやゴキブリなどの害虫を食べる『益虫』であり、放置したほうがいい?と思われるかもしれません。

ゲジゲジは性格もおとなしく、人にかみつくこともなく、放置しても大丈夫です。

ただし、見た目がきもち悪いので、放置せずに家の外に逃がしたり、スプレーで殺虫するのが一般的です。

ゲジゲジの噛む/毒性はある?

ゲジゲジ 画像06

ゲジゲジの攻撃性は低く、おとなしい虫ですから、ゲジゲジに噛まれることは、ほとんどありません。

もし、ゲジゲジに噛まれたとしても、毒性は低く、人間に影響するほどでもありません。

ゲジゲジに噛まれても毒性はほとんどありませんが、傷口から細菌に感染するかもしれませんので、傷口を消毒してください。

ゲジゲジの退治/駆除方法

ゲジゲジ 画像03

ゲジゲジの退治/駆除方法は、下記のとおりです。

【ゲジゲジの退治/駆除方法】

  • ①くん煙剤、くん蒸剤
  • ②殺虫スプレー
  • ③毒餌剤
  • ④粉剤

①くん煙剤、くん蒸剤

くん煙剤 くん蒸剤

くん煙剤・くん蒸剤というのは、『バルサン』や『虫コロリ』のように、煙や蒸気で家の中のムカデやゲジゲジを一掃できるものです。

くん煙剤・くん蒸剤は、殺虫成分を含んだ『煙・蒸気』が、部屋のすみずみまでとどき、ゲジゲジを退治してくれます。

②殺虫スプレー

殺虫スプレー

ゲジゲジの駆除方法としては、『嫌な虫キンチョール』や『虫コロリアース』のように、ゲジゲジ・ムカデの駆除用の殺虫スプレーが有効です。

ゲジゲジはそれほど家の中が好きなムシではありませんが、狭くて暗い場所をさがして家の中に迷い込んできます。

ゲジゲジにも有効なタイプの殺虫スプレーでゲジゲジをたおし、ほうきとちり取りで退治できます。

③毒餌剤

ゲジゲジを駆除するには、ゲジゲジに有効な『ムカデコロリ』などの、毒餌剤が有効です。

毒餌剤というのは、ゲジゲジやムカデが食べるエサの中に、毒をねりこんだ殺虫剤のことです。

ゲジゲジが侵入しそうな家のまわりや玄関先に設置することで、ゲジゲジを駆除することができます。

④粉剤

ゲジゲジを駆除するための粉剤である『虫コロリ』や『ムカデコロリ』の粉剤は、家のまわりをかこむように撒くことで、ゲジゲジの侵入をふせぐことができます。

ゲジゲジだけでなく、ムカデ・ヤスデ・ダンゴムシなどに対して、優れた殺虫・防虫効果があります。

ゲジゲジの種類/特徴

ゲジゲジ 画像07

日本に生息しているゲジゲジは、おもに2種類があり、下記のとおりです。

【日本のゲジゲジの種類】

  • ①ゲジ(Thereuonema tuberculata)
  • ②オオゲジ(Thereuopoda clunifera)

 

①ゲジ(Thereuonema tuberculata)

ゲジ 画像09

日本でいっぱんてきにみられる『ゲジゲジ』の正式名称は『ゲジ』です。

ゲジ(Thereuonema tuberculata)は、体長20mm~30mmほどの小型種で、生まれた時には足は4対です。

脱皮をするたびに、徐々に足が増えていき、10回以上の脱皮により、あしが15対まで増えていきます。

日本でも全国的にひろく生息しており、5年から6年の寿命があります。

②オオゲジ(Thereuopoda clunifera)

オオゲジ 画像02

オオゲジは、日本でも温かい地域にのみ生息している大型のゲジであり、体長45mm~60mmほどのサイズがあります。

ゴキブリやカマドウマ食べる肉食の益虫で、林の中や洞窟などに生息していますが、家の中に侵入することもあります。

 

上記のとおり、日本に生息しているゲジゲジは、小型の『ゲジ』と、大型の『オオゲジ』の2種です。

どちらも性格はおとなしく、人に害をあたえる虫ではありません。

ゲジゲジとムカデの違い

ゲジゲジとムカデはどちらも、ムカデ網の節足動物であり、似ていると思われるかもしれません。

しかし、ムカデとゲジゲジはよく見ると全然違っています。

【ムカデとゲジの違い】

ムカデの特徴
体長:80mm~150mm
毒性:強い毒性をもつ
足の本数:21対42本
攻撃性:高い

ゲジゲジの特徴
体長:20mm~30mm
毒性:毒性はひくい
足の本数:15対30本
攻撃性:ひくい

ムカデはとくに5月~8月ごろの産卵期に活動が活発になると言われています。

ムカデは強力な毒をもっており、噛まれるとズキズキと激しく痛み、アナフィラキシーをひき起こすこともあります。

というワケで、ムカデはゲジゲジよりも攻撃性のたかい、危険なムシです。

ゲジゲジの幼虫/赤ちゃん

ゲジゲジ 赤ちゃん 画像01

ゲジゲジの幼虫/赤ちゃんは、成虫よりも足の本数がすくなく、透明感があります。

生まれたばかりのゲジゲジの幼虫/赤ちゃんの足の本数は、4対8本だけですが、脱皮をくりかえして、あしの本数が増えていきます。

ゲジゲジ 赤ちゃん 画像02

そして、成虫の足の本数は15対30本になります。

カマドウマ(便所コオロギ)

カマドウマ(便所コオロギ) 画像05

特徴:カマドウマはバッタ目カマドウマ科に属する昆虫です。まだら模様の見た目で跳ね回る姿がきもち悪いです…。

生息地:日本全国
体長:18.5mm~21.5mm

ゴミムシ/ゴミムシダマシ

ゴミムシ 画像07

特徴:ゴミムシは、甲虫目オサムシ科に属する、雑多な昆虫をまとめて『ゴミムシ』と呼びます。

生息地:日本全国
体長:4.5mm~35mm

ゲジゲジ/オオゲジ

ゲジゲジ 画像07

特徴:ゲジゲジは15対の足を持つ、おとなしい性格のムシです。見た目がきもち悪いことから『不快害虫』と言われています。

生息地:日本全国
体長:20mm~30mm

赤いゴキブリ

赤いゴキブリ

特徴:日本に生息するゴキブリにも種類があり、『ワモンゴキブリ』など、中には赤っぽい色をしたゴキブリもいます。

生息地:日本全国
体長:12mm~45mm

白いゴキブリ

白いゴキブリ アルビノ 小さい 画像

特徴:珍しい白いゴキブリは突然変異種というワケではなく、脱皮直後、または外国産の珍しいゴキブリです。

クロゴキブリ

クロゴキブリ 画像

特徴:クロゴキブリは日本でも全国的に見られる代表的なゴキブリの種類です。

生息地:日本全国
体長:30mm~40mm

チャバネゴキブリ

チャバネゴキブリ 画像01

特徴:日本全国でみられ、飲食店などのコンクリート造の建物でよくみられるタイプの小さいゴキブリです。

生息地:日本全国
体長:10mm~15mm

ヤマトゴキブリ

ヤマトゴキブリ 画像02

特徴:クロゴキブリとよく似た見た目のヤマトゴキブリは、おもに東北地方の雑木林に生息しています。

生息地:東北地方、ほか
体長:20mm~25mm

サツマゴキブリ

サツマゴキブリ 画像 07

特徴:沖縄などの亜熱帯地域に生息する、綺麗な色をしたゴキブリ。

生息地:沖縄~九州南部、ほか
体長:オス25mm 雌35mm

害虫・不快虫 図鑑 wiki
生き物図鑑wiki

コメント

タイトルとURLをコピーしました