レッドローチ:赤いゴキブリ【昆虫図鑑wiki】繁殖/餌/飼育/学名/野生

レッドローチ トルキスタンゴキブリ 画像01

レッドローチ:赤いゴキブリ
【昆虫図鑑wiki】繁殖/餌/飼育/学名/野生

このページでは、レッドローチについて解説します。

レッドローチ:基本情報
  • 分類:昆虫網 – ゴキブリ目 – ゴキブリ科 – トルキスタンゴキブリ
  • 学名:Blatta Lateralis
  • 和名:トルキスタンゴキブリ
  • 体長:25mm~30mm

爬虫類のエサ用ゴキブリとして、『デュビア』と双璧をなす『レッドローチ』ですが、正式名称はトルキスタンゴキブリです。

概要 飼育/繁殖 温度/湿度 臭い 脱走 通販/価格 卵/産卵 成長速度/寿命 メリット デュビア 鳴き声 栄養価 野生化

レッドローチとは?/概要

レッドローチ トルキスタンゴキブリ 画像02

レッドローチ(トルキスタンゴキブリ)とは、中東のトルキスタン原産の『爬虫類のエサ用ゴキブリ』です。

爬虫類用のエサとして、ペットショップでも見かけることがあると思います。

レッドローチの外観

レッドローチ(トルキスタンゴキブリ)は、『レッド』という名前が付いていますが、頭部が赤茶色で、腹部が赤黒い感じのツートンカラーです。

さらに、レッドローチ(トルキスタンゴキブリ)の成虫は、オスがクリーム色、メスが全身赤黒い感じで、オスだけ翅(はね)が生えています。

レッドローチの交尾:⇩(左:メス 右:オス)

レッドローチ トルキスタンゴキブリ 成虫 交尾 画像

レッドローチという名前のわりに、あんまり赤くないんですよね。

※ちなみに、「ローチ(roach)」というのは、英語でゴキブリのことをあらわしています。

レッドローチの飼育/繁殖方法

レッドローチ トルキスタンゴキブリ 画像03

レッドローチ(トルキスタンゴキブリ)は、生命力の高い丈夫な昆虫なので、飼育するのはそれほど難しいことではありません。(※ただし、レッドローチは寒さによわいので、そこだけ注意が必要です。)

レッドローチ(トルキスタンゴキブリ)の飼育/繁殖に必要なものは、下記のとおりです。

【レッドローチの飼育方法】

  • ①ケース:適当なサイズのプラケース
  • ②床材:なし
  • ③エサ:ラビットフード
  • ④給水エサ:プロゼリー
  • ⑤シェルター:紙製卵トレー

それぞれ、順番に解説します。

①レッドローチのケース:プラケース

レッドローチ(トルキスタンゴキブリ)のケースは、適当なサイズのプラケースでOKです。

レッドローチのオス成虫には翅(はね)があり、ジャンプ力が高く、大きな隙間があると脱走する可能性があります。

基本的にはレッドローチは飛びませんが、ケースを選ぶときには、20cm×20cmくらいのサイズで、脱走できる隙間のないもの。または、脱走防止用のネットを使うといいですね。

ちなみに、レッドローチ(トルキスタンゴキブリ)は、ツルツルとした壁をのぼることはありません。

 

②レッドローチの床材:なし

レッドローチの飼育に床材は必要ありません。

レッドローチは、シェルター(隠れ家)のすき間に隠れて過ごしますので、床材は敷かなくても大丈夫です。

さらに言うと、床材を用意しなくても、レッドローチの糞が溜まって自動的に床材のようになります。

ただし、レッドローチの糞は、定期的に掃除してあげたほうがいいですね。

 

③レッドローチのメイン餌:ラビットフード

レッドローチ(トルキスタンゴキブリ)の餌は、ラビットフードを主食として与えるといいですよ。

なぜなら、ラビットフードは植物質ベースでにおいもなく、栄養バランスに優れているからです。

かるく水でふやかしてから与えると、レッドローチの食いつきもバツグンです。

ゴキブリ飼育には「ラビットフード」が一般的ですね。

動物質のものを与えると、においが臭くなります。

 

④レッドローチの給水エサ:プロゼリー

ラビットフードをふやかすことで、一緒に水分補給もできるのですが、一応給水&タンパク質補給のために『プロゼリー』も与えておきましょう。

プロゼリー 画像

『プロゼリー』は、高たんぱく質でトレハロース入りの昆虫ゼリーで、普通の黒糖味のゼリーとは一線を隔す「昆虫ゼリー」です。

※トレハロースは、昆虫のエネルギー源です。

バナナ味でレッドローチの食いつきもよく、水分と栄養分が補給できる優れものです。

とくに、レッドローチの繁殖を目指すなら、「ラビットフード+昆虫ゼリー」の組み合わせがおすすめです。

 

⑤シェルター:紙製卵トレー

紙製の卵トレーは、ゴキブリの育成用として、3セットで500円くらいでAmazonや楽天市場で売っています。

紙製卵トレー 画像

レッドローチ(トルキスタンゴキブリ)の隠れ家/シェルターとしては、この「紙製卵トレー」を使うか、「園芸用鉢底ネットを、結束バンドで丸めたもの」を使うのが一般的です。

どちらでもいいのですが、とにかく隠れ家となるシェルターを用意してあげましょう。

 

というワケで、以上の5点を守れば、レッドローチ(トルキスタンゴキブリ)は、比較的簡単に飼育/繁殖することができます。

もともとがゴキブリなので、かなり丈夫です。

ちなみに、レッドローチ(トルキスタンゴキブリ)は雑食性なので、くず野菜やキャットフードでも育成できますが、湿気のおおい餌はカビやダニの原因となり、注意が必要です。

 

レッドローチの温度/湿度管理

レッドローチ トルキスタンゴキブリ 画像04

レッドローチは、自然環境では中央アジア、コーカサス山脈、北東アフリカ、などの広い範囲でみることができるゴキブリです。

レッドローチは比較的低温に弱く、下記のとおりです。

【レッドローチの限界温度】

  • 上限温度:42℃
  • 下限温度:16℃

「デュビア」なら、保温なしでも室内温度0℃くらいまでなら、耐えることができますが、レッドローチは中東の高温で乾燥した地域が原産のゴキブリなので、16℃以下くらいで死にます。

耐寒性が気になるなら、『デュビア』を飼育したほうがラクですね。

 

レッドローチの活動/繁殖適温は、下記のとおりです。

【レッドローチの活動/繁殖適温】

  • 活動/繁殖適温:27℃~35℃

中東原産のゴキブリなので、かなり高い温度を好みます。レッドローチを繁殖/成長させたいなら、パネルヒーターや爬虫類用ヒーターなどを使い、ケース内温度を30℃くらいにすると、活発になりますよ。

湿度は、それほど気にする必要はありませんが、もともと乾燥した地域に生息しているゴキブリですので、なるべく乾燥させておいたほうがいいです。

 

というワケで、レッドローチは意外と寒さに弱く、「下限温度:16℃以下」になると、死にはじめます。

沖縄以外の地域では、レッドローチ飼育ではヒーター必須になります。

 

レッドローチの臭いはクサい?

レッドローチ トルキスタンゴキブリ 画像05

たまにネットの意見では、『レッドローチは臭い』と書いてあるのを見かけますが、ラビットフードで育てれば、言うほど臭くはありません。

おそらく動物質の餌をあたえれば糞が臭くなると思うのですが、植物質のラビットフードを与えている限りは、それほど臭いが気になることは無いですね。

レッドローチ(トルキスタンゴキブリ)は、もともと乾燥地域に生息しているゴキブリですので、霧吹きなどせずに、乾燥させて飼育するといいですよ。

そのほうが臭いもおさえられます。

とは言え、『デュビア』よりは確実にくさいです。独特のゴキ臭があります。

 

レッドローチの脱走について

レッドローチ トルキスタンゴキブリ 画像07

「レッドローチは壁をのぼらないので脱走しない。」という意見もあるかもしれませんが、ジャンプ力が結構あるので、ジャンプして逃げようとすることがあります。

ですから、レッドローチの飼育ケースでは脱走防止のアミを張るか、しっかりとフタをしめておきましょう。

とくに、オスが活発に動き回ります。

 

レッドローチの通販/販売価格

レッドローチ トルキスタンゴキブリ 画像09

レッドローチ(トルキスタンゴキブリ)は、爬虫類のエサ用として、ペットショップや通販サイトで販売されています。

【レッドローチの通販/販売価格】

  • 1パックあたり:¥1300円くらい

Amazonや楽天市場でも、「レッドローチ」と検索すれば通販で購入できますよ。

 

レッドローチの卵/産卵

レッドローチ トルキスタンゴキブリ 画像08

レッドローチは増える/増えすぎるという意見をよく目にしますが、増える速度としては『デュビア』とおなじくらいの体感です。

そこまで一気に増えるわけではありません。

 

ちなみに、レッドローチ(トルキスタンゴキブリ)は卵生(らんせい)のゴキブリなので、卵鞘(らんしょう)と呼ばれる「袋状の卵」を産みます。

レッドローチの卵鞘:⇩

レッドローチ トルキスタンゴキブリ 卵鞘 画像

マダガスカルゴキブリ』や『デュビア』などのゴキブリは、卵胎生(らんたいせい)なので、お腹のなかで赤ちゃんを育ててから産みますよ。

卵胎生のゴキブリ:⇩

Giant Madagascar hissing cockroach is giving birth

ちなみに、レッドローチの繁殖適温は、28℃~35℃くらいです。ですから、25℃以下まで温度をさげれば、レッドローチの繁殖をおさえることができます。

レッドローチが増えすぎて困ったときには、管理温度を20℃くらいまで下げてみてください。

 

レッドローチの成長速度/寿命

レッドローチ トルキスタンゴキブリ 画像10

レッドローチの成長速度は、下記のとおりです。

【レッドローチの成長速度】

  • 卵:孵化まで1ヵ月
  • 幼虫期間:約3ヵ月
  • 成虫期間:3ヵ月~9か月

レッドローチ(トルキスタンゴキブリ)は、『デュビア』とくらべると成長が早く、購入してから2~3ヵ月で繁殖期を迎えることができます。

ショップで幼虫を購入すれば、約2か月くらいで成虫になると思いますよ。

レッドローチは成虫になってから3ヵ月~9か月生きるので、合計の寿命は約1年くらいですね。

 

レッドローチ:エサ用ゴキブリ

レッドローチ トルキスタンゴキブリ 画像12

レッドローチの『餌用ゴキブリ』としてのメリット・デメリットを、エサ用ゴキブリとして双璧をなす『デュビア』と比較して解説します。

メリットは、下記のとおり。

【レッドローチのメリット】

  • ①成長が速い。
  • ②サイズが小さい。
  • ③管理がラク。

①成長が速い

レッドローチはデュビアより成長が早く、すぐに成虫になるのがメリットですね。購入してからすぐに繁殖に入りやすいです。

②サイズが小さい

また、1匹あたりのサイズが小さいので、小さめの爬虫類のエサとしても使うことができます。

【サイズを比較】

  • レッドローチ(成虫):25mm~30mm
  • デュビア(成虫):40mm~45mm

お口の小さな生体であれば、デュビアよりもレッドローチのほうが食べやすいと思います。

③管理がラク。

これは、コオロギとくらべると、圧倒的にラクです。

【ゴキブリは管理がラク】

  • 鳴かない
  • 死なない
  • 臭くない

温度だけ管理して、あとはラビットフードと昆虫ゼリーを与えておけば、勝手にドンドン増えていきます。

乾燥させておけば、においも臭くならない。

 

レッドローチのデメリットは、下記のとおりです。

【レッドローチのデメリット】

  • ①低温によわい。
  • ②動きが速い/速すぎる。

①低温によわい

レッドローチは低温によわく、16℃以下だと死んでしまいます。レッドローチを繁殖させるには26℃以上に保温する必要があり、多少の電気代がかかります。

その点、『デュビア』は耐寒性もあるので、デュアビは室内温度0度くらいまでは耐えられますよ。

 

②動きが速い/速すぎる

レッドローチはゴキブリらしく、「カサカサ」と動きがはやく、捕まえるのにすこしだけ苦労します。

ケースの床掃除などで移し替えるときに、一度逃げ出してしまうと捕まえるのが難しいです。レッドローチが脱走したら、かなり捕まえるのは難しいですね。

 

レッドローチとデュビア:どちらがいい?

デュビア アルゼンチンモリゴキブリ 画像12

エサ用ゴキブリ『デュビア』:⇧

よくある疑問として、エサ用ゴキブリを飼育するのに「デュビアとレッドローチ、どっちがいいの?」という疑問があると思います。

結論から言ってしまうと、下記のとおり。

  • デュビアは耐寒性があるのでラク。
  • 生体のサイズが小さいなら、レッドローチ。
  • 飼育の難易度は、どちらも同じ。

デュビアとレッドローチの何が違うのか?と言えば、下記のとおり。

【デュビアとレッドローチの違い】

  • ①見た目
  • ②耐寒性
  • ③成長速度

どちらも飼育の難易度はそれほど変わらず、エサをあたえて放っておけば、勝手に増えていきますね。

さらに、エサと水をまったく与えなくても、1ヵ月くらいは生きていける丈夫さを持っています。

 

ですから、あとはあなたが飼育している生体のサイズと、ゴキブリの見た目の好みで決めればOKですね。

どっちでもたいして変わらないです。

レッドローチは温度管理の手間があるので、『デュビア』の方が少しラクかもしれませんね。

 

レッドローチの鳴き声はある?

レッドローチ トルキスタンゴキブリ 画像11

レッドローチを含むほとんどのゴキブリには、鳴き声はありません。『マダガスカルゴキブリ』は、腹をふくませて鳴き声をあげますが、レッドローチは鳴かないです。

Madagascar hissing cockroach-LOUD HISS! (HD)

マダガスカルゴキブリの鳴き声:⇧

 

レッドローチの栄養価について

レッドローチ トルキスタンゴキブリ 画像13

レッドローチの栄養価は、大体たべているエサによって決まってきます。

ラビットフードなどの植物質でバランスの取れたエサを食べさせておけば、爬虫類用のエサとして、栄養バランスも良くなりますよ。

ちなみに、爬虫類用のエサとしては穀物専食の『ミールワーム』なども管理がラクですが、『ミールワーム』は栄養バランスが悪いのが難点。

生体の栄養バランスを考えると、雑食性のゴキブリを餌にしたほうがいいですね。

『レッドローチ』や『デュビア』は栄養バランスにも優れています。

 

レッドローチの野生化について

レッドローチ トルキスタンゴキブリ 画像14

レッドローチ(トルキスタンゴキブリ)は、生命力の強いゴキブリですから、「野生化するのではないか?」と思われるかもしれません。

しかし、レッドローチは中東の乾燥地域が原産のゴキブリなので寒さ/湿気によわく、基本的には日本の自然環境で野生化することはありません。

気温16℃以下で死にはじめ、気温10℃以下で死滅します。

 

ただし、暖房の効いた屋内であれば余裕で生き残ることができるため、逃げ出すと屋内でしぶとく生き残ります。

脱走にはくれぐれもご注意ください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました