コワモンゴキブリ【昆虫図鑑wiki】幼虫/分布/飼育/生息地/学名

コワモンゴキブリ 成虫 画像

コワモンゴキブリ【昆虫図鑑wiki】
幼虫/分布/飼育/生息地/学名

【コワモンゴキブリの基本情報】

コワモンゴキブリ 成虫 画像

  • 分類:ゴキブリ目 – ゴキブリ科 – ゴキブリ属 – コワモンゴキブリ
  • 和名:コワモンゴキブリ(小輪紋蜚蠊)
  • 学名:Periplaneta australasiae
  • 体長:30mm~35mm
  • 寿命:1年~2年

このページでは、コワモンゴキブリについて解説します。

コワモンゴキブリの生態①:成虫の生態/特徴

コワモンゴキブリ 成虫 画像02

コワモンゴキブリ(小輪紋蜚蠊)は、体長30mm~35mmのゴキブリであり、サイズ的にはクロゴキブリと同じくらいです。

前胸背板のクリーム色のワモン(輪紋)が特徴的で、前翅の基部にも黄色のスジが入る。ワモンの輪郭がはっきりとしており、全体的にはこげ茶色の体色を持ちます。

コワモンゴキブリ/ワモンゴキブリ/トビイロゴキブリの違い.見分け方

コワモンゴキブリ
コワモンゴキブリ 前胸背板 輪紋 模様 画像

ワモンゴキブリ
ワモンゴキブリ 前胸背板 輪紋 模様 画像

トビイロゴキブリ
トビイロゴキブリ 前無得背板 斑紋 模様 画像

コワモンゴキブリ.ワモンゴキブリ.トビイロゴキブリの3種はいずれもPeriplaneta属(ゴキブリ属)に属し、前胸背板に斑紋があるため、見間違えやすい。

コワモンゴキブリ
コワモンゴキブリ 成虫 画像03

ワモンゴキブリ
ワモンゴキブリ 成虫 画像03

トビイロゴキブリ
トビイロゴキブリ 成虫 画像02

ただし、コワモンゴキブリの輪紋はハッキリとしており、体色もこげ茶色であることからほかの2種とは区別できる。

⇒日本に生息するゴキブリ24種類の一覧はこちら

コワモンゴキブリの成虫画像

コワモンゴキブリ 成虫 画像05
日本でも一般的なクロゴキブリと同じくらいのサイズ感。

コワモンゴキブリ 成虫 画像04
前翅基部のスジが特徴的です。

コワモンゴキブリの幼虫/赤ちゃん

コワモンゴキブリ 幼虫 赤ちゃん 画像
コワモンゴキブリの初令~幼齢の赤ちゃん幼虫は、背中に白いスジが入り、クロゴキブリの幼齢幼虫とよく似ています。

コワモンゴキブリ 幼虫 赤ちゃん 画像02
初令~中令の間では、うっすらと模様が見える。

コワモンゴキブリ 幼虫 赤ちゃん 画像03
中令~終齢のコワモンゴキブリの幼虫/赤ちゃん。背中にまだら模様がはっきりとし、特徴的になります。

コワモンゴキブリ 幼虫 赤ちゃん 終齢
終齢に近いコワモンゴキブリの赤ちゃん/幼虫は、前胸背板にワモン(輪紋)が現れる。

⇒日本に生息するゴキブリ24種類の一覧はこちら

コワモンゴキブリの分布/生息地

コワモンゴキブリ 成虫 画像06

コワモンゴキブリの分布/生息地については、下記のとおり。

コワモンゴキブリの分布/生息地

コワモンゴキブリは亜熱帯性のゴキブリ種であり、日本では、九州以南、愛知、東京など、暖房設備のある温暖な環境で局所的に分布/生息している。

コワモンゴキブリは屋外で越冬することは出来ずに死滅するが、近年は大都会のビルや共同溝、下水管など、年間を通して温暖な場所に分布している。

九州以南の亜熱帯地域では、屋外.または屋内でよく見かけるゴキブリです。※とくに南西諸島では、クロゴキブリよりも支配的なゴキブリ種。

⇒日本に生息するゴキブリ24種類の一覧はこちら

コワモンゴキブリの飼育/繁殖方法

コワモンゴキブリは、冬季の温度管理さえしっかりすれば、比較的簡単に飼育/繁殖することができます。

コワモンゴキブリの飼育/繁殖方法は、下記のとおり。

【コワモンゴキブリの飼育/繁殖方法】

  • ①ケース:適切なサイズの飼育用プラケース
  • ②床材:不要
  • ③隠れ家:紙製卵トレー、樹皮、など
  • ④エサ:ラビットフード、昆虫ゼリー
  • ⑤温湿度管理:25℃~28℃

コワモンゴキブリの飼育①:飼育ケース

コワモンゴキブリの飼育ケースは、クワガタムシなどの昆虫育成用プラケースが使用できます。サイズは30cm×30cmほどあれば十分です。

コワモンゴキブリはツルツルとした壁でも登れるゴキブリなので、脱走防止用ネットを設置するか、脱走できる隙間のないケースを選びましょう。

コワモンゴキブリの飼育②:床材

コワモンゴキブリ飼育の床材は、昆虫マット、ヤシガラマットなどが利用できますが、「床材無し」でも問題ありません。その代わり、隠れ家となるシェルターを用意してあげましょう。

コワモンゴキブリの飼育③:隠れ家

コワモンゴキブリは夜行性のゴキブリであり、昼間は物陰に隠れて密集している傾向がある。コワモンゴキブリ飼育のための隠れ家.シェルターとしては、

  • 紙製卵トレー
  • 樹皮.木材.昆虫用シェルター

などが利用できる。

ゴキブリの飼育.育成のシェルターには、紙製卵トレーを使うのが一般的で、Amazon.楽天市場など、通販で気軽に購入できます。

コワモンゴキブリの飼育④:餌(エサ)

コワモンゴキブリは自然界においては雑食性で、小昆虫や死骸、フルーツ、腐朽した植物質などを食べているが、飼育環境下では栄養バランスの優れたペットフードを利用するのが一般的です。

具体的には、下記のとおり。

コワモンゴキブリの餌/エサ

メイン餌:

  • ラビットフード
  • ハムスターフード
  • コオロギフード
  • レオパフード

給水エサ:

  • プロゼリー(昆虫ゼリー)
栄養成分に優れたペットフードが適しています。
コワモンゴキブリの飼育には、「ラビットフード+プロゼリー」の組み合わせがおススメです。

※プロゼリーは、昆虫育成用の高たんぱく.トレハロース入りの昆虫ゼリーです。(トレハロースは昆虫のエネルギー源。)

コワモンゴキブリの飼育⑤:温湿度管理

コワモンゴキブリの飼育/繁殖の適温は、17℃~20℃です。コワモンゴキブリは熱帯~亜熱帯性のゴキブリで耐寒性は低く、17℃以下で活動が低下します。

コワモンゴキブリの飼育適温
  • 25℃~28℃:飼育/繁殖の適温
  • 17℃以下:活動が低下する
  • 5℃前後:ほぼ死滅する
湿度に関しては、飼育下ではメンテナンス性をふまえてドライ環境で飼育をおこなうのが一般的です。

ケース内の温度管理については、昆虫育成用のパネルヒーターを利用しましょう。

 

というワケで、コワモンゴキブリは熱帯~亜熱帯性のゴキブリであり、温度を25℃~28℃で管理すれば、比較的簡単に飼育/繁殖することができます。

参考:コワモンゴキブリの飼育環境:⇩

Periplaneta australasiae colony on the move.

樹皮の裏に密集していますね。

飼育/繁殖のポイント
  • ケース内の通気性を保ち、湿度を与えない。(カビやダニ、コバエが発生する原因となるため。)
  • 水分のある餌を与えない。(水分は、コオロギ給水器または、昆虫ゼリーを使う。)

コワモンゴキブリが飼育下で増えすぎた場合には、温度を17℃以下にすれば、活動をおさえ、繁殖を止めることができます。

⇒日本に生息するゴキブリ24種類の一覧はこちら

コワモンゴキブリの産卵/繁殖

コワモンゴキブリ 交尾 繁殖 画像

コワモンゴキブリは卵生(らんせい)のゴキブリであり、平均24個の卵が入った袋状の卵鞘(らんしょう)を産みます。

コワモンゴキブリの繁殖
  • 繁殖適温:25℃~28℃(17℃以上)
  • 産卵間隔:10日おき
  • 卵の数:卵鞘あたり約24個
  • 産卵数:生涯で20~30回ほど
コワモンゴキブリは、オスと交尾しなくても、メスのみで繁殖(単為生殖)ができます。

単純計算で、コワモンゴキブリのメスは生涯で480匹~720匹分の卵を産むことになります。

コワモンゴキブリの天敵

コワモンゴキブリの天敵は、下記のとおり。

コワモンゴキブリの天敵

コワモンゴキブリの天敵としては、肉食性のクモ(アシダカグモ)やムカデ、寄生バチ、アリ、ゲジゲジ、カマキリ、ヤモリ、トカゲ、ねずみ、蛇など。

多くの肉食性の昆虫.爬虫類.鳥類.などが、コワモンゴキブリを捕食する天敵となります。

とくに、ゴキブリに毒を注入して動けなくしてから、卵を産みつける「エメラルドゴキブリバチ」の動画は、かなり興味深い内容です。

Ampulex Compressa Vs Periplaneta Americana

しっかりとゴキブリの首筋を狙って毒を注入し、動けなくなったゴキブリの触角を千切ってゾンビ化し、巣の中まで誘導してから卵を産みつけます。

さらに、ゴキブリが穴から出られないように入口に蓋をして、中に閉じ込めてしまいます。

コワモンゴキブリは多くの卵を産みますが、自然界には天敵も多いですね。

コワモンゴキブリの寿命

コワモンゴキブリ 成虫 画像07

コワモンゴキブリの寿命については、下記のとおりです。

コワモンゴキブリの寿命
  • 卵鞘期間:半年~1年ほど
  • 幼虫期間:半年~1年ほど
  • 成虫寿命:4か月~6か月
  • 合計の寿命:1年~2年ほど

気温が低いと成長も遅くなる傾向があり、幼虫期間が長くなります。

コワモンゴキブリの退治/駆除対策

コワモンゴキブリは、毒餌剤(ベイト剤)、くん煙剤/くん蒸剤、殺虫スプレーなどの、一般的なゴキブリ駆除用品で退治/駆除することができます。

詳しくは、ゴキブリの退治/駆除対策方法のページをご覧ください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました