ゴミムシ/ゴミムシダマシ【昆虫図鑑wiki】モドキ/種類/幼虫/餌/害中

ゴミムシ 画像

ゴミムシ/ゴミムシダマシ
【昆虫図鑑】モドキ/種類/幼虫/餌/害

このページでは、ゴミムシ/ゴミムシダマシについて解説します。

ゴミムシ ダマシ 幼虫 モドキ   種類 ゴキブリ カエル クワガタ 飼育

ゴミムシとは?

ゴミムシ 画像02

ゴミムシとは、下記のとおりです。

ゴミムシ:基本情報
  • 分類:甲虫目 – オサムシ亜目 – オサムシ科/近縁種

ゴミムシ(塵虫、芥虫)というのは、甲虫目 – オサムシ科(または、その近縁種)に属する昆虫の総称であり、日本でも1000種類の虫が『ゴミムシ』と呼ばれています。

色は黒色のものが多いですが、緑色や藍色の光沢をもつタイプのゴミムシもいます。

ゴミムシ 画像03

緑色のゴミムシ:⇧

ゴミムシ 画像04

赤褐色のゴミムシ:⇧

おおくのゴミムシは地上を這って徘徊し、小昆虫やミミズ、カタツムリ、新鮮な死肉などを食べている。

ゴミムシダマシとは?

ゴミムシダマシ 画像

ゴミムシダマシとは、下記のとおりです。

ゴミムシダマシ:基本情報
  • 分類:甲虫目 – オサムシ亜目 – ゴミムシダマシ科

ゴミムシダマシというのは、『ゴミムシに似て非なるもの』という意味で、甲虫目 – ゴミムシダマシ科に属する1600種ほどの種があります。

中には、『クワガタゴミムシダマシ』や『ミツノゴミムシダマシ』のように、小さなつのを持つゴミムシダマシもいる。

幼虫はミールワーム

ミールワーム 画像

ゴミムシダマシの幼虫は、ミールワームと呼ばれ、小鳥やトカゲ・カエルなどの生き餌(エサ)として大活躍している。

ゴミムシダマシは、イネ科の植物などを食べて簡単にたいりょう増殖でき、幼虫期間がながいため、1年を通してペット用の生き餌として活躍できる。

一般的には、ミールワームと呼ばれるのは『チャイロコメノゴミムシダマシ』の幼虫です。

ゴミムシダマシモドキとは?

ゴミムシダマシ 画像02

ゴミムシとゴミムシダマシが居れば、ゴミムシダマシモドキが居てもおかしくない。と思うかもしれませんが、『ゴミムシダマシモドキ』という虫はいません。

ゴミムシ/ゴミムシダマシの餌

ゴミムシ 画像06

ゴミムシ/ゴミムシダマシの餌はなにかと言うと、ゴミムシとゴミムシダマシではそれぞれ食べるものが違います。

<ゴミムシとゴミムシダマシの違い>

ゴミムシ:ゴミムシ類は捕食性が高く、おもに小昆虫やミミズ、カタツムリなどの動物質を食べる。成虫はイネ科の種子なども食べる。

ゴミムシダマシ:ゴミムシダマシ類はうごきが遅く、おもに腐った植物や菌類、コケなどを食べる。

とは言え、ゴミムシ/ゴミムシダマシ類には亜種がおおく、世界では1万種以上があります。それぞれ食べ物も違います。

ゴミムシ/ゴミムシダマシの害はある?

ゴミムシ 画像07

ゴミムシ/ゴミムシダマシは湿ったところを好み、おおくは草むらや倒木、石の下などの物陰に潜んでいます。

ですから、ほとんど人間の生活環境にはいりこむことはなく、大きな害をおよぼすことはありません。

ゴミムシ/ゴミムシダマシは、害のない虫です。

ゴミムシ/ゴミムシダマシの種類

ゴミムシ 画像08

ゴミムシ/ゴミムシダマシにはさまざまな種類がおり、なかには肛門から刺激臭のつよい液体を噴出するものもおります。

ナガヒョウタン セアカヒラタ クビボソ ミイデラ オオヒラタ ジャアナ マルガタ ゴモク

ナガヒョウタンゴミムシ

ナガヒョウタンゴミムシは、まるでクワガタのような大きなあごをもつ、ゴミムシの一種です。

セアカヒラタゴミムシ

セアカヒラタゴミムシ 画像

セアカヒラタゴミムシは、からだは黒色で、足が黄褐色のゴミムシです。

平地や山地にかけて分布する普通種で、公園などでもよく見られます。

クビボソゴミムシ

クビボソゴミムシ 画像

クビボソゴミムシは、その名のとおり、首のぶぶんが細くなってるゴミムシです。あたまと胸が赤褐色で、あしは黄色です。

落ち葉や石の下などでみられます。

ミイデラゴミムシ(ヘッピリムシ)

ミイデラゴミムシ 画像

ミイデラゴミムシは、黒地に黄色の斑紋がある甲虫であり、刺激をうけると腹部から大きな音をだし、煙とともに100℃のくさい有毒ガスを発する。

ミイデラゴミムシ 画像02

このことから、別名ヘッピリムシとよばれている。

ガスは数十回も連続して発射でき、正確に刺激をうけた方向にむけることができる。

オオヒラタゴミムシ

オオヒラタゴミムシ 画像

オオヒラタゴミムシは、黒色で胸部がやや小さめのゴミムシです。平地におおく、湿気のある場所を好んでいる。

ジャアナヒラタゴミムシ

ジャアナヒラタゴミムシは、愛知県豊橋市の蛇穴(ジャアナ)を原産とする、絶滅危惧種の昆虫です。

2016年に野球選手の平田選手が、FA権を獲得して複数球団にきょうみを示していた時期に、

『じゃあな平田ゴミムシwwww』という強烈な煽り(あおり)として急速に広まりました。

マルガタゴミムシ

マルガタゴミムシ 画像

マルガタゴミムシは、その名のとおり、黒くて丸い形をしたゴミムシです。平地で普通に分布しており、落ち葉やごみの下、石の下にいることがおおい。

ゴモクムシ

ゴモクムシ 画像

ゴモクムシは、オサムシ科ゴモクムシ亜科に属する昆虫で、ゴミムシの一種です。畑や田んぼ、草原などの開けた場所に生息している。

ゴミムシとゴキブリの違い

クロゴキブリ:⇧

ゴミムシとゴキブリが似ているとおもわれるかもしれませんが、よく見ればまったく違います。

ゴキブリは大きな翅(はね)があり、油で光沢があり、素早くカサカサと動きます。

しかし、ゴミムシは甲虫であり、それほど素早くうごくわけではありません。

カエルを食べるオオキベリアゴミムシ

オオキベリアゴミムシ 画像02

自分の体よりも大きなカエルを食べるゴミムシとして有名なのが、『オオキベリアゴミムシ』です。

成虫になってからもカエルを食べるほか、幼虫時代にもカエルを食べます。

オオキベリアゴミムシ 画像01

オオキベリアゴミムシの幼虫は、エサだと思って近づいてきたカエルの喉元にとびかかり、体液をドロドロに溶かして吸いつくします。

ゴミムシとクワガタムシの違い

ヒョウタンゴミムシ 画像

ヒョウタンゴミムシ:⇧

ゴミムシの中には、大あごが発達して、クワガタムシのメスのような見た目のものがいます。

その違いは、触角をみれば分かります。

クワガタムシ メス 画像

クワガタムシのメス:⇧

クワガタムシのメスは、触角(しょっかく)がくの字に曲がっており、先端が歯ブラシのようになっているのが特徴です。

触角をみれば違いを見分けることができますよ。

ゴミムシ/ゴミムシダマシの飼育

ゴミムシ 画像09

ゴミムシ/ゴミムシダマシの餌の項目でも解説したとおり、ゴミムシ/ゴミムシダマシ類はそれぞれ、生活環境も、食べるエサも違います。

基本的には、ケースに腐葉土を敷いて、霧吹きをして適度に水分をあたえてあげるようにしてください。

ゴミムシ類は、おもにミミズや小昆虫などの動物質のもの、ゴミムシダマシ類はおもに腐った植物や菌類、イネ科の植物をたべるものが多いです。

カマドウマ(便所コオロギ)

カマドウマ(便所コオロギ) 画像05

特徴:カマドウマはバッタ目カマドウマ科に属する昆虫です。まだら模様の見た目で跳ね回る姿がきもち悪いです…。

生息地:日本全国
体長:18.5mm~21.5mm

ゴミムシ/ゴミムシダマシ

ゴミムシ 画像07

特徴:ゴミムシは、甲虫目オサムシ科に属する、雑多な昆虫をまとめて『ゴミムシ』と呼びます。

生息地:日本全国
体長:4.5mm~35mm

ゲジゲジ/オオゲジ

ゲジゲジ 画像07

特徴:ゲジゲジは15対の足を持つ、おとなしい性格のムシです。見た目がきもち悪いことから『不快害虫』と言われています。

生息地:日本全国
体長:20mm~30mm

赤いゴキブリ

赤いゴキブリ

特徴:日本に生息するゴキブリにも種類があり、『ワモンゴキブリ』など、中には赤っぽい色をしたゴキブリもいます。

生息地:日本全国
体長:12mm~45mm

白いゴキブリ

白いゴキブリ アルビノ 小さい 画像

特徴:珍しい白いゴキブリは突然変異種というワケではなく、脱皮直後、または外国産の珍しいゴキブリです。

クロゴキブリ

クロゴキブリ 画像

特徴:クロゴキブリは日本でも全国的に見られる代表的なゴキブリの種類です。

生息地:日本全国
体長:30mm~40mm

チャバネゴキブリ

チャバネゴキブリ 画像01

特徴:日本全国でみられ、飲食店などのコンクリート造の建物でよくみられるタイプの小さいゴキブリです。

生息地:日本全国
体長:10mm~15mm

ヤマトゴキブリ

ヤマトゴキブリ 画像02

特徴:クロゴキブリとよく似た見た目のヤマトゴキブリは、おもに東北地方の雑木林に生息しています。

生息地:東北地方、ほか
体長:20mm~25mm

サツマゴキブリ

サツマゴキブリ 画像 07

特徴:沖縄などの亜熱帯地域に生息する、綺麗な色をしたゴキブリ。

生息地:沖縄~九州南部、ほか
体長:オス25mm 雌35mm

害虫・不快虫 図鑑 wiki
生き物図鑑wiki

コメント

タイトルとURLをコピーしました